マナー違反 くるりポイとは?誰がするの?理由は?何がダメ?トレーの捨て方はどうすればいいの?

くるりポイ

こんにちはカワウソです!

あなたがスーパーで買い物した時に、レジ台のゴミ箱に汚れたトレーが捨ててあることはありませんか?

今回はテレビでも放送されたマナー違反”くるりポイ”について紹介したいと思います。

くるりポイってなに?

くるりポイとは、お肉や魚などプラスチックトレーを使用して販売されている商品を、会計後にポリ袋に”くるり”と移し替えレジ横のゴミ箱に”ポイ”していく行為です。

どんな人がやるの?理由は?

こういったマナー違反が多いのは60〜70代の中高年の女性が多いそうです。

やっている側としては、家庭ゴミを減らすためにやっているそうです。

なにがダメ?

まずは移し替える時に魚の汁や、血などが周りに付着する可能性があります。レジ袋に移し替える場所は多くの人が使用する共用の場所です。衛生的に良くなく、目に見えなくても他のお客さんの手に触れてしまうかもしれません。

また、ゴミ箱に汚れたトレーを捨てることで臭いの原因になったりもするため、他のお客さんからクレームが来る場合もあります。お店側にも迷惑をかけてしまいますよね。

私がみたくるりポイ

私も実際にスーパーで買い物をしている時にくるりポイに遭遇したことがあります。

レジ台で袋詰めをしている時に横の50代位のおばさんが、おもむろにビニール袋を何枚もとりました。

その時は特に気にもとめていなかったのですが、今度はお肉などの包装を開け始め「食べるのか?」と変なことを考えてしまいました。

その後見事な”くるりポイ”

次々にくるりポイをして行きます。そのおばさんは購入した物を全てくるりポイした後何事もなかったように帰って行きました。

店員さんも驚かれたようで、なにも言えていませんでした。

私の地域ではくるりポイをする人の方が珍しいため、「本当にあるんだな」程度にしか思いませんでしたが、これが増えてきてしまえば周りのお客さんやお店は困るだろうなと感じました。

正しいトレーの捨て方はどうすればいい?

正しいトレーの捨て方は各自治体によって多少の違いはあると思いますが、どの自治体でも「中身は使い切り、トレーを洗ったり、拭いて汚れを落としてから捨てる」ということは一緒のようです。

また、スーパーによってはトレー回収をしているスーパーもありますが、それも基本的には洗ってからスーパーへ持って行きます。

ネットの声

まとめ

くるりポイは多くの人に不快感を与えることになってしまいます。購入した商品はきちんと家で廃棄までして欲しいですね。

また、現在の対策としてくるりポイがしなくてもいいように、個別パックにしているスーパーなどもあるようです。

お客さんと企業双方が今後気持ちよく利用できるように考えていって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください